ISOはスイスのジュネーブに本拠地を置く国際標準化機構(International Organization for Standardization)の略称で、電気分野を除く工業分野の国際的な標準である国際規格(ISO規格)を策定するための非政府組織です。


マネジメントシステムとは

 マネジメントシステムとは、企業や公共機関(ISOでは「組織」と呼びます)の方針や目標を決め、その目標を達成するための仕組みのことです。

 ISOでは、マネジメントシステムの標準化も行なっており、目的別に、品質(ISO9001)、環境(ISO14001)、食品安全(ISO22000)、情報セキュリティ(ISO27001)などの規格が発行されています。


マネジメントシステム認証とは

 組織の業務をすすめるための仕組みが、ISO規格に適合していることを公平な立場の第三者によって証明されたことを表しています。


マネジメントシステム認証の仕組み


国際間の認証業務をスムーズに行うための国際的な認定協会



審査機関が正しい審査を行っていることを審査する認定機関と呼ばれる組織が存在します。
 認定機関は、基本的に1ヶ国に1つあり、ニュージーランドではJAS-ANZ(ジャス・アンジー)、日本ではJABが認定機関にあたります。


 ISOを運用している企業の審査を行い、ISOの規格に沿ったマネジメントシステムが運用されていることを審査します。認証機関、適合性評価機関、審査登録機関とも呼ばれます。


 ISOマネジメントシステムの認証は、このような仕組みを取ることでISO認証に対する
信頼性を高め国際的に共通な基準での認証が行えるようになっています。


相互承認協定とは

 相互認証協定とは、協定に加盟している認定機関が認めた認証は、すべての加盟機関で同じ効力として認め合う制度の事です。
 ニュージーランドのインターナショナル・サーティフィケーションズ・リミテッドは、オーストラリア・ニュージーランドの認定機関JAS-ANZ(ジャス・アンジー)から認定を受けており、JAS-ANZやJABは、どちらもIAF(国際認定フォーラム)加盟し相互承認が認められています。そのため当社の認証は、JAB認定の審査機関による認証と同等の効果が認められています。

 当社の認証は、入札などの申請にも適用可能です。


プライベート認証とは

 審査機関が、認定機関から認定を受けずに独自の認証を行うことをプライベート認証と言います。

 プライベート認証に比べて認定機関の認証の方がイメージアップ効果は高くなります。


ISOとOHSAS(オーサス)の違いは?

 ISO規格が国際標準化機構によって策定されているのに対し、OHSAS18001はイギリスの英国規格協会が制定した規格です。まだISO規格にはなっていませんが、労働安全衛生マネジメントシステムに関して世界的にもっとも広く採用されています。

 ISO規格ではないため、審査機関がプライベート認証として行っている場合が多いです。

 インターナショナル・サーティフィケーションズ・リミテッドは、JAS-ANZからOHSAS認定を受けてOHSAS認証を行っています。