ISO22000 (食品安全マネジメントシステム)とは?

 ISO22000は、フードチェーンに関わる組織(※)が、安全な食品を生産・流通・販売するために、HACCPの食品衛生管理手法を取り入れた、ISO9001をベースとした食品安全のマネジメントシステムです。

 ※フードチェーンとは、一次生産者から消費者までの食品やその材料の「生産」「加工」「配送」「保管」「取扱い」に関わる一連の段階と活動のこと。

ISO 22000(食品安全マネジメントシステム)の構成について



 規格の要素としては、ISO9001(品質マネジメントシステム)の考え方をベースに、HACCP(※)や一般衛生管理事項のPRP(前提条件プログラム)等の要素が加わっています。

(※)HACCP(ハセップ)
 Hazard Analysis & Critical Control Point/ハザード分析重要管理点の略語です。HACCPは、食品を製造する工程で、食品の安全性に問題を起こす可能性のある危害(ハザード)を分析し、危害(ハザード)を防止するための重要な管理点を特定し、継続的な監視により異常を排除できるよう管理し、安全を確保する仕組みの事です。




ISO 22000 (食品安全マネジメントシステム)のモデル図



ISO 22000 (食品安全マネジメントシステム)取得のメリットとは?

 社外的には、食の安全・安心・信頼を顧客に提供することができます。また、原料から消費者までのサプライチェーンの管理が可能となります。また、消費者に安全な食品を届けるためのフードチェーン全体におけるコミュニケーションの構築が可能になります。

 社内的には、社員の食の安全・安心・信頼への意識向上になります。リスクマネジメントによる効率的な食の生産が可能になります。また、クレーム発生に対する迅速な対応や予防体制の整備などの継続的な改善により組織が強化されます。

ページのトップへ戻る