インターナショナル・サーティフィケーションズ・リミテッドは、マネジメントシステム認証業務を実施する上で、公平性の重要性を十分認識しております。認証業務プロセスに関わる全ての要員は、客観性の維持を確実にするために、いかなる場合でも利害関係がないことを宣言しなければなりません。

 当社は、全ての利害関係者(お客様、オーナー、従業員及び関連する一般社会)に信頼される認証をお届けする
ために、公平であることを十分認識しています。

 当社は、お客様からの認証に伴う対価を収入源としており、このことは公平性に対する潜在的な脅威であることを十分認識しています。しかし、お客様と事前に合意した見積りに従って、当社の認証業務、認証書発行のための対価支払いは、公平性に反するとは考えていません。

 当社の決定は、審査チームにより得た適合(又は不適合)の客観的な証拠に基づいており、他の利害関係者又はその他の関係者から影響を受けていないことを確信しています。

 当社、及び当社の関連部門は、マネジメントシステムのコンサルティングを申し出、及び提供は致しません。


2011年3月1日
インターナショナル・サーティフィケーションズ・リミテッド 最高経営責任者
オリバー・エバンス