インターナショナル・サーティフィケーションズは、適時に、納得の行く結果が達成されることを確実にするために、全ての苦情及び又は異議申立てについて記録し、レビューし、決定いたします。

苦情

 苦情は、書面にてインターナショナル・サーティフィケーションズ現地事務所にお知らせください。
 (日本:www.icl-iso.jp 本部:www.intlcert.com)

・どのような苦情も、速やかに処置します。
・どのような苦情も、苦情を申し立てた方が懸念している内容を十分に理解し調査します。
(苦情について話し合うために、当社のお客様に直接連絡する場合があります。)
・私達は、調査の進捗状況を記録します。
・調査を完了した段階で、回答を報告いたします。
・すべての苦情は、真摯に受け止め処理します。全ての苦情を十分調査し、調査の進捗状況及び結果の情報を関係者に提供することが私達の目標です。


異議申立て

 お客様が、審査員の審査結果について納得できない場合、異議申立てを行うことができます。異議申し立ての詳細な理由と内容説明について書面を作成し、日本事務所(www.icl-iso.jp)にお知らせください。

 私たちは、すべての異議申立てを受理し、問題を理解するために、お客様と連絡を取ります。最初の連絡で、満足のいく解決ができる場合もありますが、この段階で異議申立てが解決できなければ、できるだけ速やかに独立した異議申立委員会を開催します。

 異議申立委員会は、全関係当事者からの証拠の聴聞が終了した段階で、開催されます。異議申立委員会は全関係当事者から提供された証拠を基に決定を下します。