徹底した“聴く”によってもたらされる気づきの審査

 マネジメントシステムは、導入するまでよりも導入したあとの運用が重要です。運用がうまくいっていないとマネジメントシステム本来の効果が得られないだけではなく、単に業務に使用しない書類が増え効率が下がっただけという結果になりかねません。

 したがって、第三者機関が行う審査には、規格に適合している事を判定するだけでなく、マネジメントシステムを活性化させ、組織の業務の効率を良くするための“気づき”を提供することも必要になってきます。

 アイ・シー・エルは、お客様のお話をとことん聴く事により、お客様自身が改善の機会に“気づき”、マネジメントシステムが組織の発展につながるような審査を心がけています。



認証取得までの期間

 マネジメントシステムの構築開始から認証取得までの期間は、半年から1年が一般的です。

 このうち審査から認証取得までは、2ヶ月程度かかります。

 お客様のご予定に合わせた取得までのスケジュールをご提案させて頂きますので、一度当社までお問い合わせください。



認証取得のステップ

※1
第1段階審査で改善指摘事項が検出された場合は、第2段階審査までに是正処置を実施いただき、第2段階審査で
その是正処置の有効性を確認します。


※2
第2段階審査で改善指摘事項が検出された場合は、所定の期限までに是正処置計画書または是正処置実施報告書を
提出していただきます。改善指摘事項の内容により、現地でのフォローアップ審査が必要な場合もあります。


認証取得後のステップ

 初回審査が完了し、認証を受けた後も1年毎に審査を受け、認証を維持します。

 1年目、2年目の審査はサーベイランス(維持)審査、3年目の審査は再認証(更新)審査と言います。

 再認証(更新)審査が完了すると、再度新しい認証書が発行され、その後も2年間の維持審査と3年目の再認証審査のサイクルが続きます。(※ご希望に応じて、サーベイランス(維持)審査を半年毎に実施する事も可能です)

サーベイランス(維持)審査と再認証審査について

 サーベイランス(維持)審査は対象となる範囲の一部を審査し、再認証審査は、初回審査と同様に対象となる範囲のマネジメントシステムの運用状況を全て審査します。